埼玉、栃木、千葉で太陽光発電の設置をお考えの方は実績のある協和ハウスにお任せ下さい。

太陽光発電

太陽光発電とは?

太陽光発電とは、太陽電池を用いて太陽光を直接的に電力に変換し、パワーコンディショナーによって電力会社と同じ交流電力に変換し、 家庭内で使用できるように電気を供給することです。発電電力が消費電力を上回ると電力会社へ売電。発電電力が消費電力を下回ると電力会社から買電する仕組みになります。
一見複雑にみえますが、こうした電気のやりとりは、太陽光設置後は自動で行われますので、日常での難しい操作は不要となります。

現在、弊社では国産メーカー発電量トップクラスのパナソニック「HIT」をオススメしています。 太陽光の表面温度は、夏の晴天時では75℃にもなり、従来の結晶系のタイプでは発電電力が大幅に低下しますが、HITは優れた温度特性により夏場の高温時でもしっかり発電します。
また低反射ガラスを採用し、散乱光を抑えより多くの太陽光をセル内部へ取り込むため、曇り時でも発電することが可能で、発電量もトップクラスの大変優れた発電モジュールです。

太陽光発電の買取制度には「余剰電力の買取制度」「全量買取制」の二つがあり、全量買取制は、発電電力、消費電力とは無関係に、発電した電力をすべて売電できる方式です。 通常全量買取制は産業用ですが、個人宅でも10kw(42枚程度)以上の太陽光を搭載すれば、全量買取制を適用することができ、電力会社によって売電価格が20年間保証されます。 売電価格は平成24年度が42円/kWh、平成25年が37.8円/kWhと毎年見直されており、年々下がっていますので、全量買取制を考えるならば、今がチャンスとなります。

低反射ガラス

戻る [1] [2] [3] 進む

リフォームのご相談・お見積もりはこちら

フッター上部町の風景イラスト

TOPに戻る