埼玉、栃木、千葉の塗装リフォームのことなら協和ハウスにお任せ下さい。

外壁塗装

外壁塗装について

外壁塗装の塗料では、太陽光の紫外線や酸化反応、雨水による浸食作用による変形、変色、変質を起こしにくくする「耐侯性」、外壁の隙間から水が通過し、 内部への侵入を防ぐ「防水性」、塗膜内部の湿気を外部へ通過させ、塗装の膨れ・はがれを防止する「透湿性」が大事になります。

現在の外壁塗装は3回塗りが基本となり、耐久性も高いものが多いですが、年数の経過による劣化は防ぐことができません。
この劣化を放置しておくと、雨風や紫外線による影響を直接受けてしまうことになり、内部が腐食したりと悪影響を及ぼしますので、 そうなってしまう前に外壁の塗装することをオススメいたします。

外壁塗装をお考えになる合図となる項目としては、紫外線・雨風などにより塗装面の樹脂が劣化すると、塗装がチョークのような粉状になる「チョーキング」という現象や、 「クラック」という外壁にひび割れが発生する現象、塗装の剥がれ、カビ・コケ等の付着、シーリングの欠損などの現象があります。
このような現象に気がつきましたら、外壁の塗装をオススメいたします。

外壁劣化進行図

戻る [1] [2] [3] [4] [5] 進む

リフォームのご相談・お見積もりはこちら

フッター上部町の風景イラスト

TOPに戻る