住宅の新築・建替えは協和ハウスへ。

埼玉県川口市の新築物件
埼玉県岩槻区の新築物件
東京都新宿区の新築物件
埼玉県川口市の新築物件

新築・建替え

家族と共に、自分の思い描いた家で暮らすことは人生の大きな夢の一つです。 協和ハウスはあなたの夢の設計のお手伝いをいたします。 安心で安全、尚且つ省エネ志向で、評判の良い上質で信頼できるメーカーの建材を使い、お客様が納得のいく住まいづくりを目指します。

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

現在、当社がすすめているのが「ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」という住宅建築プランです。 ZEHとはNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、住宅の高断熱化と高効率設備による省エネを実現し、太陽光発電等でエネルギーを創ることで年間に消費するエネルギー量と創るエネルギー量を組み合わせて、年間に消費する正味エネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅です。 一言でいえば「使用する電力と創る電力でプラスマイナスゼロ、またプラス」にする住宅のことです。(ここでの「ネット」は「正味」の意味合いです。)

プラスマイナスゼロにするのであれば太陽光発電を沢山載せるとZEHになるのではないか、と考えてしまいがちですが、国は今後「省エネルギーの強化」の環境を整備していく方針です。 高断熱・高気密化や高効率空調機、全熱交換器、人感センサー付LED照明等の省エネルギー技術の導入により、省エネ効果を高めて消費するエネルギー量を減少させる必要があります。 つまり「断熱+省エネ」で日々の消費エネルギーを削減して、「創エネ」で消費エネルギーを上回るカタチとなります。

断熱+省エネで、創エネが消費エネルギーを上回る

経済産業省では、「2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」を目標とし、普及に向けた取り組みを行っています。 国をあげてZEHを浸透させ、今後建てられる新築住宅はZEHが主流になっていくということです。

ZEHのメリット

ZEHで家を建てるメリットは省エネによるエネルギー消費(光熱費等)の削減があげられます。 高い断熱性能で、普通の住宅よりエネルギー消費を削減することが可能なため、太陽光設置の枚数によっては、毎月の消費エネルギーを創エネルギーが上回り、収支がプラスになる事も十分あり得ます。 購入後数十年、光熱費がゼロになる、もしくは収支がプラスになることは、長い人生で大きなメリットとなります。

収支がプラス

また断熱効果により、急激な温度差が緩和され「ヒートショック」の原因である血圧への負担軽減が考えられます。下図は入浴中の心肺停止状態の件数(2011年)ですが、冬場の12月、1月が特に件数が多いことが分かります。冷え込みやすい浴室や洗面室などの急激な温度変化を和らげることで、 血圧を安定化させ、ヒートショックの起こる確率を減少させます。

浴室心肺停止件数

ZEHのデメリット

ZEHで家を建てるデメリットは初期費用がかかる事です。省エネに優れた空調や照明、断熱に優れた外壁や屋根、太陽光パネルの設置等、ZEHにするためには普通に家を建てるよりも費用がかかります。

また、あまり窓を大きくできないのもデメリットです。冬の暖房時に窓などの開口部から逃げる熱は48%、夏の冷房時に窓などの開口部から逃げる熱は71%と、熱の出入りが非常に大きいです。 断熱サッシや複層サッシなどを採用すれば断熱性能は高まりますが、その分費用はかかります。

断熱性能の計算例

お問い合わせ

協和ハウスではこれまで太陽光を搭載したゼロスタイルハウスで、住宅を建てる際にかかるローン負担を軽減し、なおかつ安心・安全な住まいづくりを目指してきました。 コスト面だけでなく、住宅のクオリティにもこだわりを持ち、地震の揺れにブレーキをかける制振ブレース「GO-TA」を壁等に組み込み、住宅を守り、なおかつ建材やユニットなど多彩なオプションをご用意したフルオーダーも対応可能なプランをご提供してきました。 今後さらに進化したZEHでも、お客様の好みやこだわりを大切にしつつ、ハイクオリティな住まい造りを実現していきます。


電話でお問い合わせいただく場合

下記フリーダイヤルにご連絡ください。弊社コールセンターで対応させていただきます

協和ハウス0120-049-206

お見積依頼の場合は氏名・住所・電話番号をお知らせください。

メールでお問い合わせいただく場合

下記専用フォームからお問い合わせください。担当者から折り返しご連絡いたします。

お問い合せフォーム

フッター上部町の風景イラスト

TOPに戻る