住宅プランのゼロスタイルハウスでは地震の揺れに強い制振ブレース「GO-TA」を採用しています。

制振ブレース「GO-TA」で大切な家を守る

制振ブレース「GO-TA」とは?

制振とは建物の柱や梁、壁に「制振装置」を組み込み、建物の揺れを吸収する構造のことをいいます。 制振ブレース「GO-TA」(ゴータ)は、独自構造の摩擦ダンパーを採用した筋かい型の制振システムです。

地震の揺れにブレーキをかけ家を守る!

制振ブレースGO-TA設置の解説イラスト

従来、木造建築では筋かい・合版などを釘・ビス・金物などを使って梁や柱に留めつけ、地震や 台風などの外からの力に抵抗する耐力壁としてきましたが、揺れの長い地震や度重なる余震などを 受けると、こうした耐力壁も徐々に損傷を受けることがわかっています。
制振ブレース「GO-TA」は、繰り返し揺れても摩擦抵抗で踏ん張り、建物の変形(層間変形)を平均で 60%程度に低減します。また、「GO-TA」は、耐力壁として 国土交通大臣認定「壁倍率1.7」を取得しました。 これにより「GO-TA」は、制振システムであると同時に、耐力壁として壁量に算入することが可能になりました。 日本人に愛されつづける木の家を、しっかりと支えて守る、パワーが持続する制振ブレースです。

設置イメージ

制振ブレースGO-TA設置イメージ

戻る [1] [2] [3] [4]  進む

フッター上部町の風景イラスト

TOPに戻る