yukashita-taisaku-top

床下の湿気・カビに有効な2つの対策工事

床下は普段なかなか確認することがない場所ですが、建物の安定を保つうえで重要な場所です。築30~40年以降の住宅では「布基礎」が多いため、湿気・カビでお悩みの方も多いのではないでしょうか?

普段の生活で「床がきしむ」「押し入れ等にカビが生える」「畳がジメジメする」等の問題が発生している場合は、床下の湿気が原因の可能性もあります。

床下に問題がある場合、そのままにしておくと柱の腐食やシロアリ等害虫被害が発生する可能性もありますので、床下の湿気対策が必要となります。

今回は床下の説明とともに、協和ハウスが施工している2つの湿気対策工事を紹介いたします。

1.床下とは

床下という言葉はよく耳にするかもしれませんが、床下がどの場所を示すのかイメージが難しいかもしれません。床下とは、建物の床と地面の間の空間のことで、下の写真のような空間のことです。

yukashita-shike-nunokiso

建物の床の下側はこのような空間になっています。基礎があり、風や地震などさまざまな力を地盤に伝えて建物の安定を保っています。この床下空間の湿気が強く、湿気対策をしていない状態が続くと

  • 床下の木材腐食・破損
  • シロアリ等害虫被害
  • 押し入れや収納にカビが生える
  • 畳がジメジメする
  • 床がきしむ

等の被害が発生することがあります。「床下の木材腐食・破損」や「シロアリ等害虫被害」は床下を確認しなければ気が付きにくい部分です。

「押し入れや収納のカビ」「畳がジメジメする」「床がきしむ」等は、普段の生活の中で感じることができますので、このような異常を感じた場合は、床下の湿気対策・床下点検の検討をオススメします。

kabi

「床下点検口」がある場合は、床下を覗いてみたり床下に侵入することで、床下の状況や湿気・カビ被害を確認することが可能ですので、一度ご自身で確認してみるのも良いかもしれません。

それでも原因がわからない場合や、原因がわかってもご自身では解決が難しい場合は、お気軽に協和ハウスにご相談ください。

 

1-1.床下への侵入方法

床下には通常「床下点検口」から入ります。「床下点検口」は、床下のメンテナンスをするための出入り口です。配管の近くやキッチン・洗面室等に、人が入れる程度の大きさで設けられています。

この「床下点検口」は通常であればどの建物にも設けられていますが、もし「床下点検口」がない場合でも造作可能です。

yukashita-tenkenko

 

1-2.床下への侵入

床下への侵入は「お客様からのご依頼」「点検業務」「床下工事作業」等の理由があるときに行います。突然理由もなく床下に入ることはありません。

理由もなく床下に潜り、「漏水している」「柱が腐食している」などと言って、契約を迫る悪徳業者も存在するので注意が必要です。

yukashita-tenken

協和ハウスが床下に入る場合は、具体的に下記のような「お客様からのご依頼・点検業務」や「床下の工事作業」の際に入ります。

【ご依頼・点検業務】

  • 浴室や洗面室・トイレ等からの水漏れ
  • 給排水管の水漏れ
  • シロアリ等の害虫
  • 床下の湿気・カビ
  • 基礎のクラック(ひび割れ)
  • 床下の点検

協和ハウスでは床下の写真を撮影してその場でお見せします。リアルタイムで床下の状況を確認することが可能ですので、ご好評いただいています。

yukashita-photo

【床下工事作業】

  • 床下の湿気・カビ対策工事
  • シロアリ等害虫駆除工事
  • 基礎の補強・補修工事

床下工事作業の中で、今回ご紹介する「床下の湿気・カビ対策工事」以外の工事は下記を参照してください。

シロアリ調査・シロアリ消毒工事

タックダイン・基礎補強工事

2.床下の基礎構造

主に一般住宅で採用されている床下の基礎構造は「布基礎」「ベタ基礎」の2つです。それぞれメリット・デメリットはありますが、「湿気・カビ」に関しては「布基礎」のお客様からの相談や被害が圧倒的に多いです。

「ベタ基礎」の場合は地盤からの湿気をコンクリートが防止してくれているので、「湿気・カビ」に関しての相談や被害は比較的少ないです。それぞれの特徴を簡単に説明していきます。

 

2-1.布基礎

布基礎を簡単に説明すると床下が土のままの状態の基礎のことをいいます。下図のようなイメージです。

 kiso-tuti

建物の外周や壁がある部分の下に基礎があり、コンクリートや鉄筋を使用している範囲が狭いので比較的安価で施工可能ですが、床下が土の部分が多いため湿気が土からあがってきやすいというデメリットもあります。

近年の布基礎は、防湿シートを敷いてその上に押さえコンクリートを敷くことで湿気対策を行っている場合もあります。

 

2-2.ベタ基礎

ベタ基礎を簡単に説明すると床下が鉄筋コンクリートになっている基礎のことをいいます。下図のようなイメージです。

kiso-tekkin

建物の外周や壁の下のみではなく、床全体が鉄筋コンクリートになります。コンクリートや鉄筋を使用する範囲が広いため、費用は布基礎よりもかかりますが、地面から上がってくる湿気を防ぐため湿気・カビの被害も少なく、シロアリの侵入も困難となります。

3.実際現場で発生した床下湿気・カビ被害

床下の湿気が強く対策をしていない状態が続くと、床下の木材腐食やカビ、シロアリ等害虫が発生してしまいます。

とはいえ実際にどのような被害が発生してしまうのか、なかなかイメージが沸きづらいと思いますので、協和ハウスが実際に対応した床下被害をご紹介します

 

3-1.実際の湿気・カビ被害(柱の腐食)

【岩槻区 H様】

お客様より「床下の湿気が気になる」とご相談いただき、床下に潜って状況を確認しました。

実際に床下は湿気が強く、柱が腐食しておりカビも発生していました。床下の湿気対策工事として、布基礎からベタ基礎に変更する工事を施工しました。

↓↓実際に湿気によって腐食してしまった土台柱↓↓

yukashita-hashira-fusyoku

↓↓床下のカビ↓↓

yukashita-kabi

3-2.実際の湿気・カビ被害(シロアリ)

【さいたま市 N様】

GW前にお客様からご連絡が入り「壁紙から虫が出てくる・・」とのことでした。現地に向かってみると羽アリがおびただしい数いました。

実際に壁を一部解体してみると、シロアリが大量に発生していました。ここまで被害が進んでしまっていると消毒だけではどうしようもなく、柱と外壁材・窓枠を新しく交換して、柱に防虫消毒、壁紙張替えを施工しました。

↓↓壁紙付近にいた羽アリ↓↓

haneari

↓↓壁紙のカビ↓↓

kabegami-kabi

↓↓柱の中のシロアリ↓↓

shiroari

↓↓実際にシロアリ被害に合った柱↓↓

siroari-hashira

いかがでしたでしょうか?これまでの実例のほんの一部ですが、このような被害に合わないためにも、床下の定期的な点検はもちろんですが、必要に応じて湿気・カビ対策もしっかりとする必要があります。

4.床下の湿気・カビ対策工事

床下の湿気・カビ対策として、協和ハウスで主に施工しているのは

  • 調湿マット
  • ベタ基礎

上記の2つになります。「調湿マット」はDIYが可能な対策工事ですので、床下の湿気状況によっては、ご自分で対策することも可能です。

「ベタ基礎」は布基礎からベタ基礎に変更することが可能な対策工事ですが、DIYは難しい工事です。ひとつずつご説明していきます。

 

4-1.調湿マット

調湿マットは床下点検口から床下に入り込み調湿効果のあるマットを敷く工事です。床下に入るための床下点検口が設けられていれば、DIYでも施工は可能です。

choshitsu-mat

布基礎の場合は床下に潜ると土が付いて汚れてしまうので、DIYで施工するにしても「つなぎ作業服・手袋・床下用マスク・ヘッドライト・長靴」は必要になります。

床下の湿気・カビ対策として調湿マットを設置することで、湿度が高くなったときには湿気を吸収して、湿度が低い乾燥しているときには吸収した水分を放出します。

この調湿機能は半永久的でメンテナンスフリーといわれていますが、床下の湿気が強い場合には調湿マットが濡れてしまい、床下の湿気を吸収しきれないこともあります。

mat

床下の湿気を吸収しきれずに調湿マットが濡れてしまった場合は、一度外に出して乾燥させる必要がありますが、床下全体の調湿マットを再度取り出すのは非常に手間がかかります。床下の湿気が強い場合には、床下に鉄筋コンクリートを打ち込むベタ基礎工事をおすすめします。

調湿マットの詳しい作業手順は、床下調湿マットの施工手順を参考にしてください。

 

4-2.布基礎からベタ基礎

「布基礎」の床下を「ベタ基礎」に変更する工事です。コンクリートミキサー車が必要で施工人数も4~5人は必要なため、DIYでの施工は難しい工事です。

betakiso

一般的に「ベタ基礎」工事は新築時や大規模リフォームで解体した時に、コンクリートを流し込みベタ基礎にすることがほとんどです。

そのためすでに完成している建物を「布基礎」から「ベタ基礎」に変更する工事を施工することは一般的にはほとんどありませんが、協和ハウスでは床下点検口から床下に潜りこみコンクリートを流し入れることで、布基礎からベタ基礎に変更することが可能です。

concrete

建物を解体する必要もありませんので、住みながらの工事が可能ですが、床下点検口のある部屋は全体的に養生をするため、工事完了までは使用できなくなります。

詳しい施工内容は床下を布基礎からベタ基礎に変更するリフォーム手順を参考にしてください。

5.まとめ

以上が協和ハウスで主に施工している床下の湿気・カビ対策工事になります。

床下はなかなかご自分で点検できない場所ですが、大切な住まいを守るためには重要な場所です。「床がきしむ」「押し入れ等にカビが生える」「畳がジメジメする」等の問題が発生した場合は、一度床下の点検をご検討ください。

 

 

協和ハウスフリーダイヤル:0120-166-766
お問い合わせはコチラから

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>