さいたま市 自転車置き場工事 コンクリート打設

今現在、向かって右側のラティスの先に自転車置き場としてご利用されております。 門から、自転車を入れるのに、植え込みもあって、通り辛いということと虫も寄ってくることもあり、伐採して、屋根付きの自転車置き場を作りたいとのご要望を頂きました。 そうすれば、自転車にカバーをしなくても雨晒しにならずに済み、いちいち、カバーしたり、外したりの面倒もなくなります。
{CAPTION}

{CAPTION}

先ずは、砂利を回収していき、根伐りをおこないます。
{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

回収した砂利は再利用していきます。
{CAPTION}

コンリートをうつにあたり、墨出しをおこないます。
{CAPTION}

サイクルポートの屋根の柱は先に建てておきます。
{CAPTION}

砂利との境界に舗装用の天然石を入れました。
{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

この後に、サイクルポートの屋根の取付と、コンクリートと上に、透水性の舗装材をうっていきます。

 

 

 

 

ブログをご覧になった皆さん。 リフォームのことでお悩みではありませんか? そんな時にはプロの目で見てもらうのが一番です。 不安がある方は一度、協和ハウスにお電話ください。 協和ハウスは、あなたのお住まいの最善のリフォームをご提案いたします!

協和ハウスフリーダイヤル:0120-166-766

お問い合わせはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です