松戸市 床改修工事 上貼り工法

床改修工事の受注をいただき、本日、工事の初日で伺いました。 LDKと廊下の床に傷みが出ていることから、今回は、フローリングを既存の床の上に貼っていく上貼り工法を提案致しました。
{CAPTION}

12mm厚のフローリングを貼っていきます。 元々の床の色はブラウンでした。 新しい床材の色は、ガラッと白系の色を貼っていきました。 やはり、明るい色をチョイスされたこともあり、空間が開けてみえます。
{CAPTION}

{CAPTION}
{CAPTION}
{CAPTION}

玄関の框も、リフォームの上貼り用のL型框を取り付けていきます。
{CAPTION}

本日、夕方以降、お宅の方々がご帰宅された時の反応や…いかに。。
{CAPTION}

{CAPTION}
{CAPTION}

LDKに場所を移していきます。
{CAPTION}

{CAPTION}

壁が多角形になっているので、合わせて貼るのにフローリングをカットしながら貼っていきます。 新築時は、巾木が床材の上に乗っかるので、ある程度、誤魔化しがききますが、巾木に突きつけで貼って行く場合は、その誤魔化しはききません。
{CAPTION}

{CAPTION}

明日も、引き続き、LDKの貼り込み作業になります。

 

 

 

ブログをご覧になった皆さん。 リフォームのことでお悩みではありませんか? そんな時にはプロの目で見てもらうのが一番です。 不安がある方は一度、協和ハウスにお電話ください。 協和ハウスは、あなたのお住まいの最善のリフォームをご提案いたします!

協和ハウスフリーダイヤル:0120-166-766

お問い合わせはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です