カテゴリー別アーカイブ: 屋根改修

強風による屋根被害

最近、風の強い日が続きました。
そんな強風による住宅の被害もあります。

風で屋根の棟板金が飛ばされてしまったので見て欲しいと連絡を頂きました。
ご覧のようにお客さま宅に行ってみると板金が下におかれておりました。もう一本は雪止めに辛うじて引っかかっておりましたので、屋根に登りそれは下ろし、早速、笠木が剥き出しになったところを見ました。IMG_8092IMG_8085

 

 

木がパックリと割れてしまいパカパカになっておりました。なので板金をとめている釘が抜けてしまい強風で外れてしまったようです。
雨も吹き込んで木を濡らしてしまっているので、全体的に笠木の交換からのご提案をさせて頂きました。
その際には、木を使うのではなく樹脂製の笠木を使わせて頂きますとめてお伝えしました。
樹脂製のものであれば腐る心配もないので、今回のようなことが起きにくい筈です。

ご自宅の屋根の状況などは普段知る由もないと思いますが、どんな家でもこうした状況は起こり得る話しです。
築年数が10年以上で何も手をかけていないという方は、是非、建てた工務店さんやお知り合いの建築会社などに見てもらうことをお勧め致します。

IMG_8083.JPG IMG_8084.JPG IMG_8089.JPG IMG_8090.JPG

真岡市 ガルバ・ベランダ防水工事 完成

屋根の葺き替え完成です。
ガルバ屋根…いーですねぇ。

太陽光も再設置されて発電開始です。
天候の不順で、予定よりも完成が延びましたが、工事期間中はありがとうございました。

IMG_3051.JPG IMG_3043.JPG IMG_3040.JPG IMG_3039.JPG IMG_3045.JPG

真岡市 ガルバ・ベランダ防水工事

真岡市では、屋根の葺き替えとベランダの防水工事が行われております。
施主様宅では、ご覧のように太陽光が搭載されておりますので、先ずは太陽光を屋根から降ろす作業から始まります。
瓦屋根から、ガルバニウム金属屋根になるので、かなり軽量化されますね。

次に瓦を降ろし既存野地板に上貼りで下地のコンパネを貼り込んでいきます。
屋根裏にコウモリが出入りしてしまい、糞害などにも困っておられたとのことでしたが…瓦を降ろした際に屋根の際にいたコウモリは全て飛び立っていきました。出入り口になっていた箇所は全て板金で塞いでいくので、今後は安心です。

完成まで、もう間もなくです。

IMG_2403.JPG IMG_2405.JPG IMG_2409.JPG IMG_2417.JPG IMG_2418.JPG

君津市 総合リフォーム トタン屋根改修

君津市の内外装工事は、中から外へと工事の比重が移り別棟の作業場にはトタン屋根を貼り込みしている様子が写真で写されております。

また、母屋の裏手の下屋根トタン部は、大工さんの手によって解体されて、ご覧のように野地板を新調して、ルーフィングを貼り、垂木が這わされ、下地工事は終えております。

これから塗装工事が入るなど、外回りが慌ただしくなってきます。

IMG_8671.JPG IMG_8672.JPG IMG_8673.JPG IMG_8675.JPG IMG_8678.JPG

川越市 屋根改修工事

川越市のI様邸、屋根改修工事です。
既存スレート瓦を撤去して、ガルバリウム鋼板の屋根に葺き替えします。
ガルバリウム鋼板の屋根の設置が完了しました。
破風板金と軒樋の工事をこれから施工します。
工事期間中、御迷惑をお掛けしますが、何卒、宜しくお願い致しますm(__)m

image2_5.JPG image3_5.JPG image4_4.JPG image5_4.JPG image6_3.JPG image7.JPG image1_5.JPG image8.JPG

川越市 屋根改修工事

川越市のI様邸、屋根改修工事です。
既存セメントスレート瓦を撤去して、ガルバニウム鋼板屋根材に葺き替えます。既存半丸軒樋を角軒樋に交換します。
本日は、外部足場仮設組立工事です。
工事期間は、約2週間です。
工事期間中は、御迷惑をお掛けしますが、何卒、宜しくお願い致しますm(__)m

image2_2.JPG image3_2.JPG image1_2.JPG

さいたま市 古民家再生 屋根工事完了

さいたま市古民家再生リフォーム現場は…一部増築部の縁側の新設屋根工事も無事に終わりました。

一つ一つの材木に『焼き』を入れて一本一本丁寧に組み上げました。

最近の大工さんの木工事はビス(ネジ)をインパクト(電動式ドライバー)で固定していく為…金ヅチでトントン叩くシーンも少なくなりましたが…今回の屋根工事では約3000本の釘を…トントントントンと叩きながら造作しました。

若い大工さんは…久しぶりの金ヅチ使いで…手のひらにマメを作りながらの(笑)…作業となりました。

大屋根の瓦も積み上がり…外観は一気にオーラを放ち出しました。

築55年の建物に血を…息を…吹き込み…ここからまた50年!!合計100年オーバーの建築を造ります。

今回は室内も漆喰仕上げと…完全なる和仕様となりますが…『粋』ですね!!…『和建築』。

DSC_1259.jpg DSC_1258.jpg DSC_1257.jpg DSC_1256.jpg DSC_1255.jpg DSC_1254.jpg DSC_1253.jpg DSC_1252.jpg DSC_1251.jpg DSC_1250.jpg DSC_1249.jpg DSC_1248.jpg DSC_1247.jpg DSC_1246.jpg

さいたま市 古民家再生 屋根工事

さいたま市古民家再生リフォーム現場は…一部増築部である縁側の屋根工事です。

古材に合うよう…『焼き』を入れてからの取り付けになりますので…労力がかかります。

大屋根の『瓦』も随分積み上がり随分雰囲気も変わってきました。

築55年の建物が再び息を吹き返します!!

DSC_1227.jpg DSC_1226.jpg DSC_1225.jpg DSC_1224.jpg DSC_1223.jpg DSC_1222.jpg DSC_1220.jpg DSC_1217.jpg DSC_1216.jpg DSC_1215.jpg DSC_1214.jpg DSC_1211.jpg DSC_1212.jpg