地盤改良工事

鋼管杭による地盤改良工事の様子です。地面にある鋼管の杭を支持層まで打ち込んでいきます。
杭の長さが支持層まで足りない場合は写真にもあるように溶接して足します。図にもあるように杭が支持層まで届いたら設計の指示の高さで切断後、雨水などが入らないように蓋をして最後に溶接をして完了です。2日ほど掛かります。
※図は「家づくりを応援する情報サイト」からの転用です

_1.JPG _2.JPG _3.JPG _4.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です