配筋工事

さいたま市緑区の新築工事は、雪がちらちらと降る中で、配筋工事の工程に入ってきました。

鉄筋と鉄筋は、コンクリートを打設したときに、外れないように結束線を結んで固定します(写真右上)。

左下の写真は、スペーサーブロックを鉄筋の下に敷いたものです。これにより鉄筋の下側のコンクリートの厚みを確保します。

立ち上がりの端にも、ベンダーという機械で曲げ加工した鉄筋を使っていきます(写真右下)。

第三者機関による検査もパスし、次は底盤部分のコンクリート打設です。
設備工事もこのタイミングでスケジュールされていきます。

_1_2.JPG _2_2.JPG _3_2.JPG _4_2.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>