さいたま市の外壁塗装工事

足場も組み上がり、高圧洗浄の工程を終え、本格的な作業工程にはいっていきます。
「ん?どこらへんが本格的に塗装してんの?」と写真を見て思われるかもしれませんが‥

IMG_2218

2階部のシーリング工事から作業はいっております。塗装工事といっても塗料を塗ればよいというわけではありません

外壁がサイディング材であれば、ボードとボードのつなぎ目をシーリング材で埋めていきます。また、サッシの枠と壁のつなぎ目にもシーリング材を打っていきます。

要するに、雨などがつなぎ目から入らないように防いであげるのです。このシーリング部分が傷んだまま外壁を塗装しても、その傷んだシーリング部分から雨漏れ‥なんてことにもつながります。

ですので、外壁塗装をする際には、既存のシーリング部分の上から新しいシーリング材を打ちましするか、既存のシーリング材を剥がして、新たにシーリング材を入れ直してあげるからします。

ご覧のように白い部分がまさにそれです。

IMG_2226

また伸縮性もあるので、地震などの揺れがあっても破れたりしまさんので、非常に大事な役割を果たしていくのです。

シーリング箇所は一箇所、二箇所ではありませんからそれなりの材料と手間がかかるのです。これから、塗装を考えていらっしゃる方や、見積もりをとっている方は、そこにシーリング工事が入っているか?見定めてください。

こちらのおたくでは、当然1階部分にもシーリングを打つ箇所はありますが、クリアー塗装後に予定をしております。

明日は、主にサッシ周り玄関周りの養生が中心に作業が進んでまいります。

 

 

 

 

ブログをご覧になった皆さん。
屋根や外壁など表層的な部分を直す事を考えがちですが、外壁の継ぎ目やサッシ部分のシーリングなどは見落としていませんか?
ひび割れは大丈夫ですか?
建物も時間が経てば必ず補修が必要です。
そんな時にはプロの目で見てもらうのが一番です。
不安がある方は一度、協和ハウスにお電話ください。
協和ハウスは、あなたのお住まいの最善のリフォームをご提案いたします!

協和ハウスフリーダイヤル:0120-166-766
お問い合わせはコチラから

IMG_2217.jpg IMG_2219.jpg IMG_2220.jpg IMG_2221.jpg IMG_2222.jpg IMG_2223.jpg IMG_2224.jpg IMG_2225.jpg IMG_2227.jpg IMG_2228.jpg IMG_2229.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>