板橋区の地盤改良材工事に伴うベタ基礎工事

都内の戸建て住宅の傾斜を直すにあたり、現在の布基礎をベタ基礎にして欲しいというご依頼です。普段、弊社がおこなっているベタ基礎は湿気対策として、床下をコンクリートにするものです。

ですが、今回のご依頼は、立ち上がりの基礎と床面を一体化させて、家の傾きを直していくというものです。

家の傾きを直す方法としては、ジャッキで家ごと持ち上げるという方法ではなく、セメント系薬液を数カ所注入して、その量配分を各箇所で計算して家の傾きを直していく工法をとられるようです。
薬液を注入する箇所は、図面にある丸の箇所です。

009

ですので、立ち上がりの基礎と床面の基礎がうまく一体化されていないとダメです。

普段使用しているメッシュ筋ではなく、15cm間隔で、アンカー付きの鉄筋を立ち上がり部分に打ち込み、鉄筋を格子状に組んでから、コンクリートを打っていきます。

コンクリートの厚みも15cmほど必要とのことなので、床を解体してから、掘削してから鉄筋を組んでいくことになります。

薬液を注入する箇所には予めボイド菅を設置しておきます。
初日の本日は、床の解体作業となりました。

001 002 008 007 006 005 004 003

 

 

 

 

 

ブログをご覧になった皆さん。
リフォームのことでお悩みではありませんか?
そんな時にはプロの目で見てもらうのが一番です。
不安がある方は一度、協和ハウスにお電話ください。
協和ハウスは、あなたのお住まいの最善のリフォームをご提案いたします!

協和ハウスフリーダイヤル:0120-166-766
お問い合わせはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>