上尾市 ベタ基礎工事 水が滲み出る

お客様より、家の床下コンクリート部分から水が滲み出てきて困ってると相談を受けました。
半年ほど前にも違う業者さんで既存のコンクリートの上にコンクリートを打って表面に防水の処理をしたとのことでしたが、既にコンクリートの表目が剥離している状態でした。

下からくる湧水を完全に止めるには、大規模な工事が必要である為に、我々が考えたのは、滲み出てくる水による木部は基礎の傷みを避けること。 また、湿気が上に極力上がってこないようにすることでした。

生半可にコンクリートを厚盛りしてもダメなことはわかったので、ご覧のような床下の地面レベルを全て揃えるくらい床を上げていくことにしました。
{CAPTION}

先ずは、防水のシートを敷設していきます。
{CAPTION}

防水テープでシッカリと固定していきます。


前回他社様で施行している部分が剥離しております。

ここまでが、第一工程になります。
{CAPTION}

第二工程で床をあげる為の下地を入れていきます。今回下地に選定したのはスタイロホーム(断熱材)です。
{CAPTION}

50センチの基礎高に合わせる為に、スタイロホームを40センチ分積み上げていきます。 残り10センチでコンクリートを打ちます。


既存の基礎にアンカー差し筋を入れ、既存部と新しいコンクリート部の断裂を防せぎます。


スタイロホームの上にもう一度、防水シートを敷設していきます。


メッシュ筋を敷設していよいよコンクリートを流していきます。 {CAPTION}

 

 

 

 

 

 

ブログをご覧になった皆さん。 リフォームのことでお悩みではありませんか? そんな時にはプロの目で見てもらうのが一番です。 不安がある方は一度、協和ハウスにお電話ください。 協和ハウスは、あなたのお住まいの最善のリフォームをご提案いたします!

協和ハウスフリーダイヤル0120-166-766

お問い合わせはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です