静岡県浜松市 ベタ基礎工事 コンクリート打設

浜松市でのベタ基礎工事はいよいよコンクリート打ち開始です(2日目・3日目)。 ミキサー車が到着する前に 防水シートやメッシュ筋を床下に敷設しておくのですが、こちらのお宅は家そのものの床平米も100平米以上であることと、内基礎が複雑に入っているので 作業自体は大変なものになります。

ミキサー車が到着しました。 初日は入口部分から遠い箇所から始めていきます。


流したコンクリートをコテで慣らしていきます。

下から防水シート、鉄筋、コンクリート


押し入れ下も基礎で囲われており独立した空間になっているので、こちらも開口してコンクリートを打ちました。終わったら 根太を入れ直してベニヤを貼っていきます。

写真は脱衣場下になります。


3日目は開口部からリビング下までの距離が最も長い距離になっており、かなり困難を極めました。床下には5人入ってのコンクリート手渡しになりますが、ミキサーの滞在時間も1時間と決められているなかで予定を終わらせなければいけません。

外でコンクリート運ぶ人間も5人…時間との勝負でもあります。 ミキサーのタンク内にあるコンクリートは空箱に満タンに移していき、ミキサーは1時間で帰っていきますが床下に潜った人間は2時間地上に出てきません。

先頭でコンクリート打つ人間は特定の人間にしか務まらない為に、毎度頭が下がります。 3日目の作業も無事に予定通り終わらせて、最終日の4日目で工事が完了となります。


 

 

 

 

ブログをご覧になった皆さん。 リフォームのことでお悩みではありませんか? そんな時にはプロの目で見てもらうのが一番です。 不安がある方は一度、協和ハウスにお電話ください。 協和ハウスは、あなたのお住まいの最善のリフォームをご提案いたします!

協和ハウスフリーダイヤル:0120-166-766

お問い合わせはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です