稲敷市 瓦屋根 棟の補修工事

残暑がまだまだ厳しいなか、本日は茨城県稲敷市で屋根の上におります。今年の夏は特に暑く、屋根の上の作業はなかなか厳しいものがあります。

屋根の上の温度は、夏場で50~70℃になると言われています。本日の屋根上作業でも汗が滝のように流れていきます。

今回は瓦屋根の棟の漆喰部分の工事ですが、経年劣化で既存の漆喰が崩れて中の土が出てきている状態でしたので、棟の漆喰補修工事をおこなってます。

IMG_4144

まずはダメになった漆喰の上から発泡剤を充填していきます。大屋根、下屋根ともに全ての棟部分に補充していきます。

IMG_4146

棟を止めてる釘が何か所か浮いている状態でした。

IMG_4175

棟の釘の浮きを叩き、そこにコーキングを入れていきます。

IMG_4177

ここまでで本日の作業は終了です。次の作業では補充した発泡剤の上からシリコンを施工して仕上げていく予定です。

IMG_4145.jpg IMG_4148.jpg IMG_4166.jpgIMG_4169.jpg

 

 

 

 

 

ブログをご覧になった皆さん。
リフォームのことでお悩みではありませんか?
そんな時にはプロの目で見てもらうのが一番です。
不安がある方は一度、協和ハウスにお電話ください。
協和ハウスは、あなたのお住まいの最善のリフォームをご提案いたします!

協和ハウスフリーダイヤル:0120-166-766
お問い合わせはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>