外壁塗装に伴うクラック補修工事 シリンダー

埼玉県さいたま市K様邸の外壁塗装工事に伴い、塗装する前にクラック(ひび割れ)の補修をしていきます。このクラック箇所から雨水が入るとよくありません。

水が壁の中に入ることで、下地の壁や躯体を痛める原因になっていきます。

あまり、放置していると塗装工事では改善しようがない状態となり、新たに壁を貼ったりしなければならなくなります。そうすると工事コストが膨れあがることになります。

IMG_3323

クラックの補修方法としては、一般的には編成シリコンなどをクラック箇所に埋めていきます。

今回は、クラック箇所も多いことと、クラック幅が広いこともあり、サンダーで表面の壁を削り、そこに厚手にシリコンで埋めていく箇所と、シリンダーを使いボンドを壁の中に注入していく箇所と2通りで施工を進めていきます。

シリコンで埋めるやり方はよく聞くと思いますが、ボンドを注入?するやり方は聞き馴染みがないかもしれません。

まず、写真ご覧のようなひび割れ箇所を、金ブラシを使って、表面の汚れを落としていきます。

IMG_3346

次にシリンダーを注入する為の受け皿を壁に設置していきます。

IMG_3350

この受け皿の穴にシリンダーをセットしてボンドを流し込んでいくので、受け皿と周りのクラック箇所からボンドが飛び出さないように、シリコンでガッチリと埋めていきます。

IMG_3357

受け皿の設置間隔は25cm程度です。
本日はここまでの作業になります。
シリコンが固まるまで、数時間待つ為に、シリンダーセット後のボンド注入は翌日の作業となります。

IMG_3320.jpg IMG_3321.jpg IMG_3325.jpg IMG_3348.jpg IMG_3349.jpg IMG_3354.jpg IMG_3360.jpgIMG_3363.jpg

 

ブログをご覧になった皆さん。
リフォームのことでお悩みではありませんか?
そんな時にはプロの目で見てもらうのが一番です。
不安がある方は一度、協和ハウスにお電話ください。
協和ハウスは、あなたのお住まいの最善のリフォームをご提案いたします!

協和ハウスフリーダイヤル:0120-166-766
お問い合わせはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>